BotKitを使ってSlackからGithub Issueを作成する

モチベ

GitHub Issue でバグなどを集約している場合に、エンジニア以外にも作って欲しいと思うことがあります。
ただ、普段使わない人にまでGitHubを使わせるのは酷です。
心理的障壁を取り除いて上げる必要がありそうです。

何作ったか

Slack から簡単に Github Issue を作れる Bot を作ってみました。
https://github.com/srea/github-issue-bot-for-slack

OSSで公開されているものを組み合わせただけなので、大したことしてません。

メンション飛ばして、xx をするといったことが簡単に出来ます。
何を自動化させるかはその個人やチームで違うと思うので話し合ってみると良いと思います。

人を楽にする Bot を作るのって大変だと思います。

使った技術やOSSなど

お試しで動かす分には Mac でも全く問題ないんですが、スリープすると接続切れます。
なので 無料で使える GCP の Always Free をうまく使って、デーモン化すると良いと思います。

その他やりたいこと

  • GitHub Project cards API を使った何か
  • TypeScript で型のある世界を

追記

漢字もプログラミング言語も読めるけど、書けないんですよ。
あまり書かないから。書いていこう。