Mac airportの使い方

sbinにシンボリックリンクしとく
sudo ln -s /System/Library/PrivateFrameworks/Apple80211.framework/Versions/Current/Resources/airport  /usr/sbin/airport

wifi検索
airport scan

今接続してるWifiの情報
airport -I

1チャンネルを除く Ctrl+cで/tmpにファイルが生成されるからwiresharkで見る。監視モードになる
airport sniff 1

参考サイト
http://wlanbook.com/mac-os-x-wifi-wireless-scanner/
http://www.wireshark.org/lists/wireshark-users/200912/msg00110.html
http://unix.stackexchange.com/questions/48671/how-to-put-mac-os-x-wireless-adapter-in-monitor-mode
http://diogomonica.com/sniffing-in-monitor-mode-with-airport/

Mac OS X10.8.2 FireFox18にfiresheepを入れる

FireSheepはパケットキャプチャするやつで
メンテナンスされてないので入れるのに色々と作業が必要だった
FireFox17でもFireFox16でもなんでも出来るんじゃないかなー。
brewが入っているのとXcodewが入っていてMacOSX10.7のSDKが入っていることが前提
少々設定を変えてあげないとインストール出来ません。
必要な物を入れとく
  • brew install boost
  • brew install autoconf
  • brew install automake
  • brew install libtool

firesheep/xpi/install.rdfを修正

[tamazawayuuki@srea xpi]$ git diff install.rdf
diff –git a/xpi/install.rdf b/xpi/install.rdf
index 35ad7a1..3d60020 100644
— a/xpi/install.rdf
+++ b/xpi/install.rdf
@@ -22,8 +22,8 @@
     
       
         {ec8030f7-c20a-464f-9b0e-13a3a9e97384}
–        6.0
–        7.0.*
+        17.0
+        18.0.*
       

   
 
[tamazawayuuki@srea xpi]$

./autogen.sh を実行する
このままMakeするとcのincludeに失敗する

firesheep/configure.acを修正
[tamazawayuuki@srea firesheep]$ git diff configure.ac
diff –git a/configure.ac b/configure.ac
index 5882066..0f1657e 100644
— a/configure.ac
+++ b/configure.ac
@@ -59,7 +59,7 @@ case “$host_os” in
                DLL_EXT=”dylib”
                FIRESHEEP_PLATFORM_NAME=OSX
                FIRESHEEP_PLATFORM=”osx”
–               CFLAGS=”-isysroot /Developer/SDKs/MacOSX10.6.sdk -mmacosx-version-min=10.6″
+CFLAGS = “-isysroot /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/MacOSX.platform/Developer/SDKs/MacOSX10.7.sdk
        ;;
        linux*)
                DLL_EXT=”so”
[tamazawayuuki@srea firesheep]$

make を実行
makeが終わると下記のパスにxpiファイルが生成されるのでFireFoxにドラッグしてインストール出来るようになってると思います。。
インストールが出来て左に表示されている状態
firesheep/build/Firesheep-osx.xpi

今回生成したxpiファイルはここに置いときます(気まぐれでなくなるかも)

The ¬